インプラント 横浜

横浜でインプラント治療を行う歯科医院を選ぶ。

インプラント治療は体にメスを入れる治療です。
ですのでまずは信頼のできる歯科医院を選ぶことが何よりも大切なことだと思います。

1

 

世の中には「格安インプラント」を謳っている歯科医院も数多くありますが、費用を抑えるためになにかしらのコストを削ってしまっているというのは実情だと思います。

 

インプラント治療は「事前検査」→「施術」→「アフターケア」の三段階で行われますが、このうちのどこでも手を抜いていいということは全くありません。インプラント治療の最大のメリットは「長い期間にわたって健康的な状態をキープすることができる」ということにあると思います。

 

1

 

見た目的にも肉体的にも、一同失ってしまった歯を元の状態と変わらないレベルまでに復元できるのがインプラント治療の良いところですので、安全性や確実性を特に重視した歯科医院選びをお勧めします。

 

カウンセリングに時間をかけて対応をしてくれる

 

歯の欠損状況や健康状態によっても最適な治療方法は変わってきます。インプラントは素晴らしいといってもすべての人にとってそれが最適の治療法であるかと言うと、そうではないと思います。治療方針はもちろんのこと、費用や治療期間などを含めて総合的にしっかりと相談に乗ってくれる歯科医を選ぶようにしましょう。

 

実績の豊富な歯科医院を選びましょう。

 

歯科医院は全国で7万件近くありますが、実はそのうちの2割程度でインプラント治療を行っています。インプラント治療は一般的にはなってきましたが、それに比べてもインプラント治療を行っている歯科医院の数は多すぎるように感じます。治療自体は歯科医師の資格さえ持っていれば誰でも行うことができてしまうのでこういう状況になってしまっていますが、実際に良いサービスを提供するためには豊富な経験がまず必要になってきます。

 

ですので、安いからここでいいやとか、近いからここでいいやといったように、安易に歯科医院を選ぶのではなくしっかりと実績のある信頼できる歯科医院を選ぶようにしましょう。

 

基本的なインプラント治療の流れ

 

インプラントは最初のカウンセリングから施術の完了までは約半年程もかかる中期的な計画が必要な治療法です。ここではまずこれからインプラント治療を開始しようかという方向けに基本的な流れを説明していきたいと思います。

 

(1)カウンセリング・検査
インプラント治療は外科手術を伴う治療法ですので、歯や歯茎の健康状態だけでなく、体全体の事情も把握しとかなければなりません。現在、疾患を抱えているのかどうか、内服している薬があるのかどうかなどもしっかりと報告しておきましょう。

 

その後、レントゲンやCTなどを撮って精密検査を行います。その検査結果によってはインプラント治療ができないこともあります。特に顎の骨の状態が良くない場合にはインプラントを埋め込むことができないので、治療を断念せざるを得ません。治療が可能だと判断されれば、治療計画が医師から説明されそれに同意をすれば治療がスタートです。

 

(2)事前処置
手術の前に口内環境を整える時限処置が行われます。ご存知の方も多いでしょうが口の中には無数の細菌や歯周病菌が生息していますので、感染症を抑えるためにもできるだけ口の中を清潔にしておく必要があります。歯垢や歯石を取り除くクリーニングや、虫歯や歯周病を患っている場合にはまずはその治療から開始します。

 

(3)治療
治療計画に基づき顎の骨にインプラントを埋め込む手術をします。インプラントが骨に定着するまでは3〜6か月ほどかかりますが、この期間は仮歯を被せて生活をすることになります。仮歯といっても日常生活には全く支障がないのでご安心ください。インプラントは骨に定着した後には人工歯を被せて治療は終了です。

 

(4)メンテナンス
治療が終わった後は定期的に延期南宋を続けていく必要があります。術後はしばらく1週間とか、 1ヶ月おきといった、短いスパンで通っていたことになりますが状態が良ければその後は半年や1年に1度、定期的にチェックをしていく形になります。